キャッシング審査比較システム

キャッシングのスピード、金利、融資額

HOME > サイトナビ > 返済の金利

返済の金利

借りたお金が返せなくなって困っている人の頭の中に常にあるのは「返済」だと思います。

「こんなにたくさん借りてしまってどうしよう。とても返せそうにないわ」。
この心理的な圧迫感がその人の人生を暗くしているわけです。

でもここで思い出していただきたいのですが、実際に自分が借りた金額というのはそんなに多くなかったはずです。

自分の頭の中には「20万円」とか「50万円」という数字があるのに、
請求される金額がそれよりはるかに多いことはないでしょうか。

それが金利のせいだというところまでは誰しも理解できます。
でも実際に自分が払っている金利がどれくらいかを知っている人は驚くほど少ないのです。

きちんきちんと払っている人は、期限が来ればそこで決着がつきますから、
金利に神経を使うことはありませんが、債務を滞らせている人には、
金利こそが死活問題になっています。

返済を何度か遅らせると、最初に定めた金利の条件と違って
高くなることに気づいていない人が多いようです。

払っても払っても金利ばかりと嘆いている人がおりますが、
金利が高くはね上がっていることがあります。

この金利をできるだけ最少額で抑えるためには、各回の返済額を多くして返済期間を縮めると言うのが究極の方法ですが、毎月の給料の中から借金の返済にすべて費やしては、実際の生活が成り立ちません。

したがって、”少しでも多く返済する”というのが現実的な対応になってしまいます。

ただし、臨時の収入があった場合は、できるだけ多めに返済に充てることが、
利息を最小限に抑えるためには欠かせないのです。

なぜなら、毎月決められた額以上の金額を支払うと、決められた額以上の分については、
全額元金に充てられますので、支払残高の減り具合が格段に早くなるのです。

こうした方法を「繰り上げ返済」といいます。
繰り上げ返済については、次の機会に詳しく説明します。

INFORMATION
Copyright © 2010 キャッシング審査比較システム All rights reserved