キャッシング審査比較システム

キャッシングのスピード、金利、融資額

HOME > サイトナビ > 名目金利と実質金利

名目金利と実質金利

預金している間の物価上昇率を考慮にいれていない金利が名目金利です。これから物価上昇率を引いたものを実質金利といいます。

銀行にお金を預けていれば、必ず金利がついてきます。長期預金になればなるほど金利は高くなりますから、長期のほうが得な気がしますが、名目金利と期待実質金利の差を理解しておかないと、かえって損をしていまうということもあります。

銀行に年利3.2%で100万円預けたとしましょう。すると1年後には103万2000円にして銀行はお客にお金を返してくれます。しかし、その1年間に物価が上昇すれば、お金の価値も下がるのです。1年で2%物価が上昇したとすると、それまで100万円で買えたものが1年後には102万円になるということです。

ですから、1年後に103万2000円を手にしても、預けたとより価格は下がっています。したがって3.2%の金利は名目だけになってしまいますから、名目金利と呼んでいます。1年後に実際に得をするお金というのは、3.2%の名目金利から物価上昇分の2%を引いた1.2%、つまり1万2000円のみということになります。

INFORMATION
Copyright © 2010 キャッシング審査比較システム All rights reserved